お得なクーポンはこちら

第31回 はりきゅう国試  きゅう理論

きゅう理論


問題171 艾の製造工程で艾葉から毛茸を剝離するのに用いるのはどれか。

1.裁断機
2.石臼
3.けんどん
4.唐箕

正解です !

間違っています !

問題172 施灸に用いる線香について誤っているのはどれか。

1.原料にはタブ粉を用いる。
2.生産量が最も多いのは兵庫県である。
3.湿気を含むと折れにくい。
4.途中で消えないものが望ましい。

正解です !

間違っています !

問題173 知熱灸について誤っているのはどれか。

1.無痕灸の一つである。
2.患者が熱さを感じたら取り除く。
3.虚弱者にも適応となる。
4.施灸部にⅡ度熱傷が生じる。

正解です !

間違っています !

問題174 灸あたりの予防として最も適切なのはどれか。

1.艾炷のひねりを硬くする。
2.艾炷の底面を広くする。
3.刺激量の少ない灸法を選択する。
4.施灸後の皮膚消毒を念入りに行う。

正解です !

間違っています !

問題175 痛みを伴う熱刺激を伝導するのはどれか。

1.Aα線維
2.Aβ線維
3.Aγ線維
4.Aδ線維

正解です !

間違っています !

問題176 灸による温熱刺激の受容・伝導について正しいのはどれか。

1.カプサイシン受容体(TRPV1 受容体)が応答する。
2.Ⅱ群線維によって伝導される。
3.温度感覚は順応が起こりにくい。
4.熱痛情報は脊髄後索を上行する。

正解です !

間違っています !

問題177 血管に対し収縮性に作用する物質はどれか。

1.NO
2.CGRP
3.アデノシン
4.ノルアドレナリン

正解です !

間違っています !

問題178 施灸刺激の早期より肥満細胞から放出されるのはどれか。

1.IgE
2.補体
3ヒスタミン
4.アドレナリン

正解です !

間違っています !

問題179 灸療法の治療的作用において、細網内皮系の機能亢進に関与するのはどれか。

1.調整作用
2.鎮痛作用
3.転調作用
4.防衛作用

正解です !

間違っています !

問題180 灸施術による局所炎症反応に最も関与するのはどれか。

1.ルフィニ終末興奮
2.Ⅰb 線維興奮
3.インターロイキン 6 産生
4.カプサイシン産生

正解です !

間違っています !

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !

Subscribe to see your results

第31回 はりきゅう国試 きゅう理論

%%total%% 問のうち %%score%% 問正解 !

%%description%%

%%description%%

Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
koji尊敬する人はルパン3世
2015年、大阪の心斎橋にトレイン治療院を開業。現在は中医学を少しずつ学び中です。 趣味は、中国語、中医学、投資(日株・米株・先物)、映画(marvel love)、お笑い(くだらない系love)、AbemaTV(論破系love)、キャンプ、フルート、水泳、そして今の仕事です。基本的にミーハーです。
PAGE TOP