お得なクーポンはこちら

第28回 はりきゅう国試 臨床医学各論

臨床医学各論


Q55.次の文で示す症例の確定診断のために最も重要な検査はどれか。
「25歳の男性。10日前に上気道炎に罹患、3日前から両下肢の粗大筋力が低下、後に両上肢へと伸展した。」

1.頸椎MRI検査
2.末梢神経伝達速度検査
3.血中CK値測定
4.遺伝子検査

正解です !

間違っています !

Q56.次の文で示す症例に対する歩行介助で最も適切なのはどれか。
「58歳男性。2年前から右手の振戦が出現、後に動作が緩慢になってきた。急に狭くなる場所では足が前に出せない。」

1.静かに見守る。
2.積極的に会話する。
3.速いテンポの音楽を流す。
4.メトロノームでリズムをとる。

正解です !

間違っています !

Q57.白血病についてウイルスが原因で日本の西南地方に多いのはどれか。

1.成人T細胞白血病
2.慢性骨髄性白血病
3.急性骨髄性白血病
4.急性リンパ性白血病

正解です !

間違っています !

Q58.大腿骨頭すべり症で陽性になるのはどれか。

1.アイヒホッフテスト
2.ピボットシフトテスト
3.ドレーマン徴候
4.ピアノキー徴候

正解です !

間違っています !

Q59.頸髄椎間板ヘルニアについて正しいのはどれか。

1.神経根症では上肢に腱反射の亢進を認める。
2.神経根症では腹壁反射の消失を認める。
3.脊髄症では下肢に腱反射の減弱を認める。
4.脊髄症では下肢に病的反射を認める。

正解です !

間違っています !

Q60.尿路結石の再発予防に有用なのはどれか。

1.水分摂取
2.尿酸排出促進薬内服
3.柑橘類摂取
4.ほうれん草摂取

正解です !

間違っています !

Q61.血液疾患と症状の組み合わせで正しいのはどれか。

1.鉄欠乏性貧血ー抹消神経障害
2.悪性リンパ腫ー舌炎
3.急性白血病ー出血傾向
4.再生不良貧血ーリンパ節腫脹

正解です !

間違っています !

Q62.高血圧と耐糖能異常のいずれも認めないのはどれか。

1.褐色脂肪腫
2.アジソン病
3.クッシング症候群
4.原発性アルドステロン症

正解です !

間違っています !

Q63.自己免疫機序が関与しないのはどれか。

1.悪性貧血
2.溶血性貧血
3.鉄欠乏性貧血
4.再生不良性貧血

正解です !

間違っています !

Q64. 次の文で示す症例の病態で正しいのはどれか。
85歳の女性。左大腿骨頸部骨折の手術を受けた翌日の夜に、ちぐはぐな言動が出現した。」

1.せん妄
2.認知症
3.うつ病
4.不安神経症

正解です !

間違っています !

Q65. 続発性脂質異常症の診断に有用でないのはどれか。

1.肥満度
2.血尿の有無
3.HbA1c
4.甲状腺ホルモン値

正解です !

間違っています !

Q67.COPDについて正しいのはどれか。

1.女性に多い。
2.拘束性換気障害を呈する。
3.安静時の呼吸困難が特徴である。
4.増悪予防にはインフルエンザワクチン接種は有効である。

正解です !

間違っています !

Q68.帯状疱疹について正しいのはどれか。

1.抗ウイルス薬が有効である。
2.発疹は両下肢に好発する。
3.コプリック斑が出現する。
4.小児期に発症する。

正解です !

間違っています !

Q69.潜伏期間が最も長いのはどれか。

1.エイズ
2.流行性耳下腺炎
3.ジフテリア
4.破傷風

正解です !

間違っています !

Q70.潰瘍性大腸炎の特徴で正しいのはどれか。

1.大腸壁の全層に炎症を起こす。
2.痔痩合併の頻度が高い。
3.直腸から口側へと病変が連続する。
4.回盲部に好発する。

正解です !

間違っています !

Q71.ウイルス性肝炎と感染経路の組み合わせで正しいのはどれか。

1.A型肝炎ー血液への曝露
2.B型肝炎ー性行為
3.C型肝炎ー獣肉摂取
4.E型肝炎ー生鮮魚介類摂取

正解です !

間違っています !

Q72.食道癌について正しいのはどれか。

1.腺癌が多い。
2.若年者に多い。
3.女性に多い。
4.アルコールは危険因子である。

正解です !

間違っています !

Q73. 脳卒中の急性期リハビリテーションについて正しいのはどれか。

1.神経症状の増悪がある場合には動作を伴う訓練は行わない。
2.起立性低血圧に対する配慮は必要ない。
3.歩行訓練で長下肢装具を用いることはない。
4.ベッド上でのポジショニングは必要ない。

正解です !

間違っています !

Q74.徒手筋力テストで正しいのはどれか。

1.MMT1では筋収縮が全く認められない。
2.MMT2では筋収縮はみられるが関節運動が起こらない。
3.MMT3では抵抗を加えなければ重力に抗して正常可動域いっぱいに動く 。
4.MMT4は筋力正常である。

正解です !

間違っています !

Q75. 次の文で示す症例について、問いに答えよ。
35歳の女性看護師。皮膚の黄染、全身倦怠感にて受診。針剌しの既往がある。肝炎ウイルスマーカーでは、HCV抗体陽性、HCV-RNA陽性で、他は陰性であった。」
本疾患について正しいのはどれか。

1.生ガキの摂取で起こる。
2.慢性化の頻度が高い。
3.劇症肝炎へ進展しやすい。
4ワクチン予防が可能である。

正解です !

間違っています !

Q76. 本疾患に合併する悪性腫瘍で上昇する腫瘍マーカーはどれか。

1.CAI25
2.SCC
3.CEA
4.AFP

正解です !

間違っています !

Q77. 次の文で示す症例について、問いに答えよ。
83歳の女性。昨夜から左膝痛と38℃の発熱が出現した。左膝関節に熱感、腫脹および膝蓋跳動を認める。関節液の偏光顕微鏡観察で異常を認めた。」
最も可能性の高い疾患はどれか。

1.化膿性関節炎
2.関節リウマチ
3.偽痛風
4.変形性膝関節症

正解です !

間違っています !

Q78. 本症例に特徴的な単純エックス線所見はどれか。

1.骨棘形成
2.関節裂隙狭小化
3.骨びらん
4.半月板石灰化

正解です !

間違っています !

Q79. 次の文で示す症例について、問いに答えよ。
60歳の男性。高血圧にて内服加療中。2日前から38℃の発熱、昨日から嘔吐と頭部全体の痛みがある。意識レベルはJCSⅠ-1、血圧は178/90mmHgである。」
最も考えられる疾患はどれか。

1.高血圧性脳症
2.髄膜炎
3.群発頭痛
4.小脳出血

正解です !

間違っています !

Q80. 本症例で確認すべき所見はどれか。

1.ケルニッヒ徴候
2.ホルネル徴候
3.バレー徴候
4.ロンベルグ徴候

正解です !

間違っています !

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !

Subscribe to see your results

第28回 はりきゅう国試 臨床医学各論

%%total%% 問のうち %%score%% 問正解 !

%%description%%

%%description%%

Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
koji尊敬する人はルパン3世
2015年、大阪の心斎橋にトレイン治療院を開業。現在は中医学を少しずつ学び中です。 趣味は、中国語、中医学、投資(日株・米株・先物)、映画(marvel love)、お笑い(くだらない系love)、AbemaTV(論破系love)、キャンプ、フルート、水泳、そして今の仕事です。基本的にミーハーです。
PAGE TOP