お得なクーポンはこちら

第29回 はりきゅう国試 東洋医学臨床論②

東洋医学臨床論


Q 144・次の文で示す患者の病証に対する治療方針として最も適切なのはどれか。
「36歳の男性。主訴は焦燥感。仕事の重圧によりイライラする。最近は動悸があり、寝つきが悪い。顔が赤く、便秘である。舌尖は紅、脈は数有力を認める。」

1 肝陰を補う
2 心火を瀉す
3 脾陽を補う
4 肺の痰湿を除く

正解です !

間違っています !

Q 145・次の文で示す患者の病証に対する治療方針として最も適切なのはどれか。
「43歳の男性。主訴は咳嗽。仕事が忙しくなると発作的にせき込む。痰が切れにくく、咽頭部に違和感があり、胸脇部が張る。舌は紅、脈は弦数を認める。」

1 腎陰を補う
2 肺気を補う
3 肝火を抑える
4 痰濁を除く

正解です !

間違っています !

Q 146・五臓の特徴的な症状と治療穴の組合せで正しいのはどれか。

1 五更泄瀉ー太衝
2 梅核気ー太淵
3 陽萎ー大陵
4 多夢ー神門

正解です !

間違っています !

Q 147・次の文で示す患者の病証で最も適切なのはどれか。
「51歳の男性。2日前に強い寒冷環境で長時間の作業をした後、肩に固定性の痛みとこわばりが生じた。舌は淡、脈は緊を認める。」

1 熱痹
2 着痹
3 行痹
4 痛痹

正解です !

間違っています !

Q 148・次の文で示す病証に対する配穴の組合せで最も適切なのはどれか。
50歳の女性。3週間前に旅行で歩き過ぎて右殿部から大腿外側部のつっぱり感と痛みを自覚した。足先のしびれ、こむら返り、目の疲れも気になる。舌は淡白、脈は細を認める。」

1 肝兪ー足臨泣
2 膀胱兪ー然谷
3 脾兪ー陥谷
4 腎兪ー束骨

正解です !

間違っています !

Q 149・次の文で示す患者の経脈病証を原絡配穴法で治療する場合、主証で選穴するのはどれか。
「28歳の男性。2か月前から上歯痛や鼻出血、腹鳴がみられるようになり、昨日から舌根部や心窩部が痛み、食事をすると嘔吐するようになった。」

1 公孫
2 太白
3 衝陽
4 豊隆

正解です !

間違っています !

Q 150・次の文で示す患者の病証に対して十二刺の刺法に基づき治療する場合、刺鍼部位の指標となるのはどれか。
「足先の強い冷えを感じ、ときには腰まで冷えが上ってくる。下痢をしやすい。」

1 後脛骨動脈拍動部
2 大腿動脈拍動部
3 足背動脈拍動部
4 膝窩動脈拍動部

正解です !

間違っています !

Q 151・「45歳の女性。主訴は倦怠感。1か月前より強くなった。寒がりで、動作が緩慢である。食欲低下、便秘、月経過多、徐脈を認める。」
最もみられる身体所見はどれか。

1 体重減少
2 圧痕が残る浮腫
3 深部反射亢進
4 頸部腫脹

正解です !

間違っています !

Q 152・45歳の女性。主訴は倦怠感。1か月前より強くなった。寒がりで、動作が緩慢である。食欲低下、便秘、月経過多、徐脈を認める。」
病証として最も適切なのはどれか。

1 腎陰虚
2 風寒犯肺
3 脾陽虚
4 胃気虚

正解です !

間違っています !

Q 153・「72歳の男性。主訴は頻尿。難聴がある。トイレは我慢できるが、夜間に少量の尿失禁があり、前立腺肥大症と診断された。以前から腰が冷えてだるい。舌は淡、脈は弱を認める。」
病態として最も適切なのはどれか。

1 溢流性尿失禁
2 切迫性尿失禁
3 反射性尿失禁
4 腹圧性尿失禁

正解です !

間違っています !

Q 154・「72歳の男性。主訴は頻尿。難聴がある。トイレは我慢できるが、夜間に少量の尿失禁があり、前立腺肥大症と診断された。以前から腰が冷えてだるい。舌は淡、脈は弱を認める。」
治療方針として最も適切なのはどれか。

1 精の漏出を防ぐ。
2 陰液を補う。
3 痰を取り除く。
4 陽気を補う。

正解です !

間違っています !

次の文で示す症例について、問題155、問題156の問いに答えよ。
「24歳の女性。月経開始から2日間ほど月経痛が激しく、吐き気がある。腰痛もあるが、特に下腹部痛が強く憂うつになる。不正性器出血や月経周期の異常はなく、器質的な障害もない。」


Q 155・下腹部痛の原因に最も関与するのはどれか。

1 ヒスタミン
2 アドレナリン
3 オキシトシン
4 プロスタグランジン

正解です !

間違っています !

Q 156・痛みの原因となっている器官名と同名の腧穴に刺鍼する場合、その取り方として正しいのはどれか。

1 関元の外方5分
2 関元の外方2寸
3 中極の外方2寸
4 中極の外方3寸

正解です !

間違っています !

次の文で示す症例について、問題157、問題158の問いに答えよ。
「54歳の男性。数日前から左耳に痛みがあり、しばらくしてから外耳道に水疱が出現した。同側の表情筋の麻痺と聴力の低下を伴っている。」


Q 157・最も考えられる疾患はどれか。

1 ベル麻痺
2 脳幹梗塞
3 聴神経腫瘍
4 ラムゼイハント症候群

正解です !

間違っています !

Q 158・罹患筋を広範囲に刺激するのに最も適切な治療穴はどれか。

1 糸竹空
2 巨髎
3 顴髎
4 翳風

正解です !

間違っています !

次の文で示す症例について、問題159、問題160の問いに答えよ。
「29歳の女性。主訴は不眠。寝付きが悪い。起床時には四肢がだるい。足の冷えがあり、生ものを食べると下痢をしやすい。舌は淡白で胖大、脈は濡を認める。」


Q 159・病証として最も適切なのはどれか。

1 肝血虚
2 心気虚
3 脾陽虚
4 腎気虚

正解です !

間違っています !

Q 160・病証に対する治療穴で最も適切なのはどれか。

1 太衝
2 太白
3 神門
4 太渓

正解です !

間違っています !

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !

Subscribe to see your results

第29回 はりきゅう国試 東洋医学臨床論②

%%total%% 問のうち %%score%% 問正解 !

%%description%%

%%description%%

Loading...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT US
koji尊敬する人はルパン3世
2015年、大阪の心斎橋にトレイン治療院を開業。現在は中医学を少しずつ学び中です。 趣味は、中国語、中医学、投資(日株・米株・先物)、映画(marvel love)、お笑い(くだらない系love)、AbemaTV(論破系love)、キャンプ、フルート、水泳、そして今の仕事です。基本的にミーハーです。
PAGE TOP